スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親には日当たりのいい部屋を? 

最近の2世帯住宅、もしくは3世帯住宅を建てる時の話。

「親には日当たりのいい部屋を」

もしくは親側からの希望で
「日当たりのいい部屋に住みたい」

・・・という話も増えているそうですね。
最近の親世代はとても若くて、はつらつとされていますから
お気持ちは良くわかります。

こういった家に住んでしまうとどうなるかご存じでしょうか?


本来、中年以降は格の高い西側や北側で寝るのが吉とされています。
その方が落ち着いて貫禄のある年代にピッタリだからと言われています。

ですが、確かに日当たりの面でいうと暗い部屋ですよね。
親世代も「自分はまだまだ若い!」と思っていらっしゃるので
日当たりのいい部屋にお住まいになりたい気持ちも納得です。


親世代が東側や南側に住むと、当然子世帯は西側や北側になります。
すると親子関係が逆転してしまうんです。

親がいつまでたっても現役でいようと頑張ってしまい、
いつまでも世代交代ができずに家族のバランスが崩れてしまうんです。
体は疲れているのに気持ちが元気すぎるのです。


子世帯の方はそんな親に振り回され、格の高い方位にもなじめず
ストレスだらけです。
家庭内での揉め事の原因は、部屋の位置が原因となります。


また、1階と2階の場合など上下階の場合も同じです。
本来親世代が階下、子世帯は上階の方が上手くいくのです。

子供の足音を気にされて、親世帯を上階に・・・という気配りが
実はその後の悩みに発展していくのです。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

うちのブログに遊びにいらしていただきありがとうございました。
私もDr.コパが大好きです。

たくさん情報があって、感動しました。これからも寄らせてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

コパさん好きのお仲間がいて嬉しいです。

おじゃまさせていただきながら、コメントも残さず失礼しました(^_^;)
なのに梅次郎さんにはコメントをいただき、ありがとうございます。


中身はまだ薄っぺらですが、これから頑張りますね。


【12月4日追記しました】
梅次郎さん、すみません(^_^;)
別の方と勘違いしていたようで、ちゃんとコメント残してきていましたね。
ホント、すみませんでした。

やはり配置とか色って効きますよね。
お互い楽しく頑張りましょうね。

また必ずおじゃまさせていただきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gold13.blog101.fc2.com/tb.php/77-3ea3b1d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。