カテゴリー  [場所別の風水 トイレ 西のトイレ ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西にあるトイレの風水 

不浄の場所として昔は家の外にトイレがありました。厄が溜まる場所なので家相では家のどこにあっても凶とされているトイレ。ですから、できるだけ綺麗にして余計なものは置かないようにしましょう。
実は人生の大きな曲がり角にトイレのインテリアで善し悪しが別れてしまうそうです。トイレ以上に人生の転機に左右される場所もないほどだとか。そして病気の悩みもトイレが原因の場合が多いのです。


トイレの照明はトイレの中央がベストです。明るさは明るい方が良く、最低でも本が読めるくらいの明るさが必要です。ただし、トイレで本を読むのは厳禁。カラー電球を使っているトイレでは男女間のトラブルに悩まされてしまいます。
トイレの窓はあった方がいいのですが、最近の住宅事情では窓のないトイレが増えました。その場合は換気と照明に気を配りましょう。照明の位置を変えるのは難しいですが、明るさは簡単に替えることができますね。


トイレの掃除用具はしっかり収納しておきましょう。でないと子供についての悩みが増えてしまいます。収納がなければ観葉植物で隠しましょう。
消臭剤の香りが強すぎてドアの開け閉めの度に廊下や他の部屋にその香りがする場合、ご主人の帰宅が遅くなってしまいます。

トイレ内には収納が付いている場合もありますがタオルの収納は避けましょう。わざわざタオルに厄を付けるようなものです。タオルはトイレの凶作用を消すパワーがあるのです。
窓のないトイレはラベンダー色のトイレグッズにしましょう。
スリッパは必ずトイレ専用のものを置きます。スリッパのない家は運のない家になります。

絵を飾る場合は入り口から向かって右側に飾ると運気が上昇します。ドアに飾りをつけたり何かを貼ったりするのはいけません。人形も陶器のもの以外は置かないようにしましょう。トイレにカレンダーを貼っている家が多いようですが、時間調整ができなくなりスケジュールミスをする典型になります。新聞や本を常にトイレに置いておくのもいけません。
トイレは長居するほど厄を体に吸収してしまうようなもの。サッサと出るのが運気アップのコツなのです。

最後にどの方位のトイレにも盛り塩をしましょう。その方位に合ったカラーかラベンダー色の小さなお皿に10gほどの粗塩(国内産の天然のものを使うこと)をこんもり山形に盛り、最低でも1週間に1度は粗塩を交換します。健康に不安があるなら3日に1度は交換するようにします。今までの粗塩は「祓い賜え、清め賜え」とつぶやきながら便器に流します。



【西のトイレの風水】
格の高い方位、金運がやってくる方位なので手の抜けないトイレです。ブランドものや、できるだけ高価なものを使う方が運気もアップします。「豪華に」がテーマのトイレですね。
黄色や白で統一したり、窓がなければラベンダー色を、ピンクやアイボリーで淡くまとめるのもいいでしょう。ダークブラウンで渋めに統一コーディネートできればかなり上級です。でも金運アップにはやはり黄色でアピールをしないと・・・。ダークブラウンで統一はお金持ちになったらぜひとも挑戦したい風水ですね。
壁には照明と鏡を。天井の照明とは別に付けると運気アップです。鏡はゴールドの八角形だと最強です。

ただし凶相にすると歯痛や呼吸器系、お金や異性関係のトラブルが出ます。掃除や盛り塩はもちろんのこと、換気もしっかりと。掃除道具や新聞・本などを出しっぱなしにしておくと歯痛になりやすくなります。歯のトラブルは金運に直結していますので注意してくださいね。


【西のトイレのラッキーアイテム】
ブランドもののトイレグッズ、八角形の鏡、壁の照明



Shinzi Katohデザインの花柄トイレカバーセットの詳細を見る

販売店「雑貨店ブルーデージー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。